メーラー

これまで、普段使いにOUTLOOK、仕事用にWindows Liveメール、スマホと共用でG-mailって感じで使い分けてたんですけど、怪しいメールもあることから色々調べてるうちに、Windows Liveメールのサポートが3年も前に終了してることが出てました。
ちょっと驚いたんですけど、何か代りのものがあるだろうと思ってさらに調べたら、「後継の物はない」と書かれてて、またちょっとビックリ。
使ってて特に問題はないものの、皆さん、他のに変更してるようだったんで、自分も気づいたからには違うものへしようと思ったんです。

色んなサイトのお勧めに「thunderbird」ってのがありました。
Firefoxのmozillaのもので、Firefoxなら自分も一部使ってますし、色々迷った挙句、「thunderbird」にしてみました。
慣れないってこともありますけど、なかなか思うような設定ができずに大変でした。
メール設定は、自動的にしてくれたようですけど、一覧に表示されません。
表示させるための切り替えがどこにあるか分からず、何か所ものページを見て歩いたんですけど、バージョンが違ったり、英語だったり、自分のに合うのに出会うまでが大変。
やっとの思いで見つけて設定できました。

メールの内容を移管しようとしたら、OUTLOOKは標準でインポートができるようなんですけど、他のはできないみたいで、アドオンで機能を追加しなければダメでした。
設定ごと綺麗には取り込んでくれないようで、ガッと1つのところに入ってしまいました。
Liveメールの構造が複雑だったために、フォルダだらけになってしまって、必要なところへの振り分けも大変でした。
全データをやっと移管して、振り分けるのにほぼ半日。
これまた思うような表示になってなくて、前と同じようになるようにしたり、どうしてそう言う表示なのかを調べるだけでも数時間かかり、なんとなく形にするだけで1日終わってしまいました。

今日は、朝から細かい設定です。
これまでも使ってたような自動振り分けなどをやろうとしたんですけど、設定の項目がどこにあるのか見つけられなくて、その説明があるところを探すだけでも結構な時間を使いました。
その間にも仕事は続くんで、メールは地味に増えていきます。
それはほぼ放置にして、これまた半日以上かけて設定。
夕方にやっと放置したメールも移管して、やっと「thunderbird」での通常稼働の準備が整いました。

念のためにLiveメールのバックアップを残して、「thunderbird」もスタート状態をバックアップ。
さっき、本格的に動かしながらの微調整をして、やっと落ち着いたところです。

ザッと2日係りでの移管になりました。
これまでこんなに時間かけて移管なんてしたことなかったんで、こんなに大変な思いをするとは思わなかったです(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です